KECNEWS

中学1・2年、定期試験対策!

今日より水曜日の数学と月曜日の国・理・社は22時までの延長授業です。

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | - |


KECNEWS

一番、解説しやすいのは数学?!

今回から総合模試の全科目の「詳解」と、それらに付随した類題などのワンポイント講義をしているのだけど、5科目のうちもっとも「熱」がはいるのが数学。

 

KECの塾生はどの代も英語の平均偏差値が5科目中最も高いのだけど、入試ではなんといっても数学のアドバンテージが強力な武器になる。

 

英語は受験英語の前に英検の準2級や2級レベルまでもっていくので、心配はそれほどいらない。

 

なので、数学がKECではもっとも付加価値が高い科目と思っているので、ついつい予定外の課題まで提供してしまう。

 

その次に「力」が入るのが「社会」。

 

もちろん、まずは歴史。

 

それも近現代史。

 

高校入試の社会なんて教科書を丸ごと覚えれば十分といっても過言ではないのだけど、いかんせん教科書の内容は「時系列」的に政治・経済・文化の3つが、細切れに出てくるので習熟しにくい。

 

先日、書店で見つけたこの本の冒頭にもこう書いてある。

 

『一度読んだら絶対忘れない 日本史の教科書』山圭一著

〜なぜ、日本史を苦手とする人が多いのか?〜

〜「苦手な人」を生み出す中高の教科書の問題点〜

[山 圭一]の一度読んだら絶対に忘れない日本史の教科書 公立高校教師YouTuberが書いた

 

とまさにピ〜〜ンとくる内容の小見出し。

 

さっそく読んでみた。

 

「時系列が大事」とばかりに、塾生たちには試験には出てこない「年号」まで暗記するように言ってるけど、この本には一切年代がでてこない。

 

「ストーリィ」として歴史を継続してとらえていくので、年号は必要ないということ。

 

塾での授業ネタにと買ってよんだけど、あっという間にお読み終えた。

 

はたしてネタがあったかどうかは定かではないけど、事柄のくくり方にもさまざまあると気付かされた。

 

この書き方でやるのであれば、10人10通りの「歴史教科書」ができることになる。

 

どこにスポットをあてるか?ということなんだけど、それこそ個々人の歴史観によるところが大きい。

 

だから歴史は、教えても教えてもらっても面白いのかもしれない。

 

さて次に理科と国語は?というと、実は国語の解説が5科目中もっとも役立つのかもしれない。

 

「なんでこの記述が正解か?」を、論理的に説明できなければ聞くものは納得しないからだ。

 

自学するときに、国語の問題解説でもっとも悩ましいのが「正解例」なんだろうけど、それも突き詰めていけば正解は一つしかないといえる。

 

なので、(例)と書いてある答えはあらかじめ疑ったほうがいい。

 

言いたくないけど、〇ソみないな解答解説例もあったりするからだ。(笑)

 

さて最後が理科。

 

理科が受験生にとっては、もっとも手応えが薄くやりにくい科目かもしれない。

 

その原因はなんといっても、4分野各3項目で合計12単元以上もある学習単元の多さだ。

 

同じ理系科目である数学は、学習単元は理科以上あるけれどカテゴライズすれば、「方程式を含む計算」「文章題」「確率」「数の規則性」「関数」「図形」と「資料の整理」の合計7領域しかない。

 

しかも数学はそれぞれの単元が他の単元を引っ張り出してくれるので、習熟機会が常にある。

 

最近は単元横断型の作問も見受けられるけど、基本的に理科は単元が独立しているので細分化した学習が必要なる。

 

もっとも、「受験屋」としては試験の頻出問題をピックアップして解説してあげればいいのだけど、例えば数学の難問と理科の難問とでは、数学の方がだれでも理解できるように説明するのは決して難しくない。

 

ところが理科の解説動画を見てもあまり塾生たちが満足できないのは、理解している前提条件が各人バラバラで均一性がないことがその原因の一つと思われる。

 

しかもなんとなくわかったくらいでは、理科の学力は上がらない。

 

なので、理科を解説するときは準備に時間がかかるというのが、こちらの事情でもある。

 

それに数学には「秒殺」の公式や方法がいくらでもあるが、理科はそのショートカットがほとんどないのもプレゼンターの悩みではある。

 

 

さて、木曜日の中3は受験英語と英検。

 

定番リスニンフと英作文、そして受験文法をやる予定。

 

やっぱり英語は演習材料が明確だから学習しやすいW!

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | - |


KECNEWS

「秋分の日」というより「線分の日」にしよう!

今日も休日返上で中3生は数学の授業です。

 

今週は第3回模試の振り返り学習もしていますが、今日の数学は平面図形上の求積がテーマ。

 

「求積」の問題のかなめは「線分」を求めること。

 

模試も統一・総合テストも入試でも、平面図形では「求角」「線分」「証明」「求積」が小問の定番。

 

今年度の総合模試も過去3回とも、平面図形ではそれらが出題されている。

 

なので今日の数学のミニ講義は、午後1時から平面図形上の「線分」から「求積」を出す「傾向と対策」です。

 

しっかり得意分野にして帰ってもらいます。

 

「秋分の日」を、お得な「線分の日」にしようZ!

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | - |


総合模試NEWS

敬老の日、高校部は自習室、中3生は第3回「総合模試」の振り返り!

今日は敬老の日にも関わらず定期試験が近づいているので、中3生は理科と社会の通常授業を午後から。

 

まずは、社会も理科も昨日の模試の振り返り。

 

模試作成の業者が今年度から変わったのだけど、「解答解説」も詳しくて役立つ。

 

特に社会は解説の中に重要アイテムが満載なので、テストが終わった後はしっかり見て覚えるように伝えてるけど、今日の授業でもそれらをピックアップしてのミニ講義を。

 

理科は昨日出題されていた「質量保存の法則」の類題を用意して説明。

 

とにかく理科の計算問題は小数解に注意しなければミスを連発することになる。

 

さて、今回は試験監督をしながら全科目受験生を前にして全問解いているので、難易度把握もできている。

 

ま、全体的には前回より難易度がどの科目もやや上がったかも。

 

特に数学では難問系が2、3問あり、英語に至っては「対話文」と「長文」の両方に出てくる円グラフなどの資料の読み取りがポイントで、速読力も要求される。

 

つまり、要点を把握しながら英文を読んでいくことが必要だから、かなりな英語力が要求されている。

 

しかも短文記述も許容範囲が悩ましい設問が目立った。

 

明日は、数学の解説と難問類題を用意しま〜〜す。

 

13時から18時までやろうね!

 

定期試験の準備の学校ワークも持参してきてください!!

 

 

 

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | - |


KECNEWS

連休も中3生は通常授業があります!

今日は午後1時から第3回総合模試があります。

 

前回は最終的にはおよそ3000人の受験者数だったようですが、今回は定期試験を前にしてどのくらいの受験者数となるでしょう?

 

KECでは各中学の定期試験の出題範囲を予測していますが、試験日が早い中学はすでに公表されています。

 

特に中3生は定期試験後にも「金沢市統一テスト」前の「実力テスト」が控えていますので、連休は以下のように時間を繰り上げて通常授業としました。

 

21日(月・祭日)13:00〜16:00 中3理科・社会(18:00まで自習可)

22日(火・祭日)13:00〜16:00 中3数学(18:00まで自習可)

以上!

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | - |


KECNEWS

2学期定期試験対策ゼミ、外部生受講要項!

本日から3週続けて全学年中学別中間テスト・単元テスト:前期期末テスト対策を実施します。

 

内部生は無料ですが、外部生は有料で受講できます。

 

以下の要項をご確認いただきお問い合わせください。

 

KEC定期試験対策ゼミ外部生受講要項

1)実施日:

  ❶9月26日(土)13:00〜18:00 または

  ❷10月3日(土)13:00〜18:00

2)内容:中学別5科目定期試験対策

3)形式:個別指導&ミニ講義

4)費用(外部生):2200円(税込み)

5)申込:❶および❷の申し込みは前々日前まで

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | - |


KECNEWS

「泉丘合格プロジェクト」土曜日特別講座!

『Saturdays Super Seminor=SSS』
10月以降の開講予定
中3生でトップレベル受験校を目指す受験生の特別講座です。
毎回5時間、5科目を対象にした講座です。
各科目をテーマ&トピックスで、ミニ授業と演習を行います。
内部生は選択日自由で毎回受け付けます。
外部生は塾生登録が必要ですのでお問い合わせください。
『泉丘合格プロジェクトSSS』実施予定
第3回SSS 10月17日(土)13:00〜18:00
第4回SSS 10月24日(土)13:00〜18:00
統一・総合テスト対策特別ゼミ 10月31日(土)13:00〜18:00
統一・総合テスト対策特別ゼミ◆11月1日(日)13:00〜18:00
第5回SSS 11月7日(土)13:00〜18:00
第6回SSS 11月21日(土)OR28日(土)13:00〜18:00
第7回SSS 12月5日(土)13:00〜18:00
第8回SSS 12月12日(土)13:00〜18:00
第9回SSS 1月9日(土)13:00〜18:00
題10回SSS 1月16日(土)13:00〜18:00
第11回SSS 1月23日(土)13:00〜18:00
第12回SSS 2月13日(土)13:00〜18:00
*9月19日〜10月10日の土曜日は中学別定期試験対策ゼミと第2回英検一次試験実地のためSSSはありません。
*予定は変更になることがあります。
| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | - |


KECNEWS

今週は各中学で運動会真っ盛り!

体育服で登下校する中学生に、毎日のように出くわしますね。

 

そうです、運動会です。

 

しかしながら「コロナ禍」で、どの学校も保護者の参観はできませんね。

 

しかも運動会の競技内容も「密」を避けているので、例年とはプログラムが違うようです。

 

なんと密を避けるためある中学では、各学年ごとの日替わり運動会で最終日に全学年の応援合戦というところもあれば、観戦?できない保護者のためにネットで生配信する中学校あったりしますが、個人情報保護のためかフィックスされた遠景画像では我が子の姿もわからなかったり、複数の中学が一挙に配信してるためそもそもネットにつながりにくかったりと、大変な運動会らしいですね。

 

そんな運動会だから子供たちもちょっと例年とは違う感想のようですが、終わって塾に来る塾生たちはそれでも何気に満足そうです。

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | - |


教育NEWS

少子化により入試状況激変?

2024年ショックまで後僅か!

朝刊に今年の中3生が受験する2021年度公立高校入試の募集定員が公表されていましたが、昨日の記事で書いたように来年の受験生の後は2年連続卒業予定者数が増加し、それ以降は本格的な少子化が進みます。

 

そのことから今まで削減対象から外され「聖域」となっていた難関上位校である泉丘・二水・桜丘の定員削減を予見しましたが、数字で確認してみます。

 

今年の中3生に関しては昨日の公表通り卒業予定者は9849人で、昨年より全県で316人減少しそれに合わせて公立高校の定員削減が120人でしたが、現中2生は現中3生より約260人多くなり、現中1生は中2生よりさらに約240人ほど多くなります。

 

よって2年間で約500人の中学卒業者が増加することになります。

 

しかし現小学6年生からは、本格的な「少子化」が進みます。

 

ちなみに現中3生と現高校1年生は、合わせて現高2生より840人も減少していますから、「少子化」は今に始まったことではありません。

 

石川県の中学卒業者人数は全国的に少子化といわれながらも、この10年は11000〜12000人で安定していました。

 

高校受験生が11000人を下回ったのは現高校3年生が初めてで、今年はとうとう1万人を下回り9849人になったわけです。

 

その後、中2が10165人、中1が10342人と増えますが、現6年は10061人に減少し5年は9740人とさらに減少し続けます。

 

そして、現小1生が高校受験を迎える時は、9400人を割り込むのです。

 

つまり、今年の受験生より470人ほど減ることになります。

 

これを高校の募集定員に当てはめると、全県で12クラスも減るわけです。

定員数が最も多い泉丘や二水でさえ1学年400人しかいないのですから、学校が1校以上なくなる計算になります。

 

初めて1万人台となった現高校3年生のときの受験者人数と比べると、1200人も少ないことになります。

 

なんと30クラス分です。

 

もちろん、受験者数が減少する人数すべてが定員削減対象とはならないのですが、その3分の1としても10クラス分ですから今のままの定員では多すぎることは明白です。

 

よって、難関上位校であっても削減対象となるということです。

 

例えば泉丘・二水が360人、桜丘が320人、小松が240人は必至で、錦丘は内部生を除くと160人となるかもしれません。

 

公立高校には地域の高等教育機関としての役割がありますから、どこでも安易に廃校にすることはできないでしょうから、定員の多い高校が削減対象となります。

 

ハイレベル激戦高校が1クラスでも定員削減すれば、「受験地図」が激変するでしょう。

 

また、その人口減で最も大きな影響を受けるのは公立入試だけでなく、私立入試です。

 

私立にとっての少子化は、学校運営を直撃する重大事であることは言うまでもありません。

 

もし公立高校の定員削減数が受験者減少の3分の1程であっても、3分の2の減少が私立入試に影響することになります。

 

私立高校にとっては、「少子化本格化元年」といわれる2024年度入試をどのように捉えて準備するか。

 

その「2024年ショック」以降を、今から見通した学校運営が急務という事になります。

 

さてこの「コロナ禍」の中、各私立高校がどのようなシフトチェンジしてくるか、楽しみでもあります。

 

随時、情報発信していきます!!

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | - |


教育NEWS

2021年度公立高校入試募集定員決定

定員削減は明倫・辰巳丘・北陵の3校のみ!

公立高校の募集定員が県教委より発表されました。

 

それによると来年度入試における中学卒業者数は今年度より、県南地区の小松・加賀で42人減の2100人、県央地区の金沢・白山・野々市・かほく各市で236人減の6376人、県北地区の七尾・能登で38人減の1373人、全県では316人減の7360人となるということです。

 

今年度より大きく減少する県南地区の野々市明倫・辰巳丘・北稜で、各1クラス40人、合計120人の定員削減となりました。

 

この2年連続の卒業者数減少にあって難関上位校の定員削減が無いのは、今後2年間、つまり現中2生と中1生が増加するためです。

 

そして現6年生からは人口減が続き、いよいよ本格的な少子化が始まります。

 

気の早い話ですが、3年後には上位難関校の定員削減が必至とみられています。

 

つまり、現小学生は中2・中1生よりさらに厳しい受験状況となるということですね。

 

さて、来年度の入試状況は受験生減といえど、県央地区では例年以上に泉丘や二水の志望者割合が急増していることが「石川県総合模試」のデータでも明らかです。

 

このままの志望者状況であれば昨年より倍率増も、視野に入れた方がよいでしょう。

 

11月に実施される各地域の「統一テスト」や「総合テスト」の結果が出るまで、この状況は続きそうです。

 

どちらにせよ、最終的にはどこも激戦となることは明らかでしょう。

 

頑張ろう、受験生!!

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | - |