教育NEWS

金大附属入試分析!

土曜日の記事に続いて、今日は「算数」と「総合」の試験問題分析をアップしま〜〜す。

 

算数

1)出題形式:

28年度入試から´△裡寡構成で、大問1〜10で小問15〜6問が今年の30年度入試では大問8に小問13問で減少

 

2)出題傾向と難易度:

計算問題・速さ・数の規則性・図形の面積・資料と整理・平面図形と立体図形などから出題され、計算問題や速さの問題、図形の面積・資料と整理などは基礎的な標準問題で、数の規則性・平面図形・立体図形で難易度の高い問題

,牢靄槎簑蠅猫△榔用問題となっている

 

3)30年度の問題構成:

大問1(1)〜(3)は小数・分数の四則混合算

大問2 商とあまりの基本問題

大問3 速さと時間の基本問題

大問4 円と正方形を利用した求積の基本問題

大問5(1)(2) 仕入れ値と売り値に関する割合の標準問題

大問6(1)(2) ボールの値段に関する資料問題

大問7 直方体と表面積の金附中入試の定番問題

大問8 正方形を重ねていく面積の変化を利用した数の規則性の問題

 

4)30年度の問題難易度:

例年と比べるとやや易化したといえる。
昨年29年度入試問題の大問8の数の規則性や大問10の立方体と表面積の難易度や、一昨年28年度入試問題の大問9の数の規則性や立方体とその表面積に関する問題よりも易しかったといえ、難易度的には27年度入試のレベルに類似している

 

総合

1)出題形式:

,麓匆颪巴録泙篁駑舛鯊蟶爐謀えるPISA型の問題で、△詫科でこれも適性検査系で単元を横断したPISA型問題

 

2)出題傾向と難易度:

総合の´△蓮△い錣罎覿啜崔羈悗料躪臈性問題や全国の中高一貫校の適性問題に類似していて、知識より分析判断力を問う記述式で、難問の記述式問題が多くある全国の難関中高一貫と比べるとかなり難易度は低く、錦丘中学入試の総合適性検査の出題レベルといってよい

 

3)30年度の問題構成と難易度

,藁稠の地図や資料問題とうって変わって全編歴史問題

(あ)足利義政の室町時代(い)清少納言の平安時代(う)鑑真の奈良時代(え)天智天皇の飛鳥時代後期(お)北条氏の鎌倉幕府(か)聖徳太子の飛鳥時代前期という6つの資料を基にした(1)〜(7)10問で、用語と内容説明、最後になんと時代順の並べ替えという出題で難易度は決して低くは無い

もっとも、歴史の知識は高校入試の基本レベルは必要なので易しくはないが時代背景をしっかり認識していれば超難問とは言えず、記述力の問題だろう

 

△詫科でこちらは従来通り

大問2が「月の満ち欠け」(1)(2)、大問3が「人体の消化と吸収」(1)(2)、大問4が定番の「ものの温まり方」(1)(2)でそれぞれ説明記述の出題だったけど難易度は昨年よりやや難化した感じでも標準レベル

 

よって昨年より算数はやや易化、総合は高い記述力が求められやや難化というところだろう。

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


石川県総合模試NEWS

本日第5回模試、来週は模試ゼミで志望校決定!

過去最多の5300名近くの受験生で、今日第5回の模試が実施される。

 

以下、時間割と来週の模試ゼミCMを。

 

調査書記入 1限目 国語 2限目 理科 3限目 英語 昼 食 4限目 社会 5限目 数学 解答配布など
9:40〜 10:00〜
10:50
11:05〜
11:55
12:10〜
13:00
13:00〜
13:50
13:50〜
14:40
14:55〜
15:45
15:45〜

 

模試ゼミの保護者説明会は、今月各中学校で行われる「三者面談」についてやりますので、是非!

 

なお、学習塾などの関係者の参加は諸事情により不可となっています。

 

お申し込みはこちら⇒「総合模試ゼミ&作文添削講座」

 

 

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


教育NEWS

金大附属属中学入試!

今日は金大附属中学入試日。

 

附属小学校の6年生も全員今日は、入試問題が課せられている。

 

改めて言わせてもらえば、この時期の一般入試というのはどうなんだろう?

 

まず外部の受験生にとって12月の中学入試というのは、冬休みの受験勉強で一挙に学力伸長が望めるにその機会がないってこと。

 

AO入試なら算国のみの簡易版のテストで済ますってのもあるのだろうけど、あくまでも一般入試でこの時期の実施は、受験生の学習計画を無視しているとしか言いようがない。

 

なぜなら中学入試であっても高校入試や大学入試とかわらないからだ。

 

また推薦入試で受かった高校生や大学生の学力が、一般入試を経験して入学した学生と比較して低いということも一部問題なっていたりすることを考えれば、なおさらだ。

 

1月ならまだわかるけど、12月前半ってどうようってこと!

 

それらないっそ推薦入試でいいのでは?なんて思う。

 

また、いくら学力を確認してほしいということであっても、「選抜」がないのに附属小学6年生も全員受験する必要あるのだろかってこと。

 

だって、昨日までこの1週間は2学期末のテストだったんだから。

 

以前のように算国の実力テストでいいんじゃない?

 

もし外部と内部の学力差を把握するのであれば、高校と同じように2月実施でいいに決まっている。

 

そのうち選抜方式にするだろうと毎年のように附属小の保護者が心配?しているけど、来年度入試からは高校と同じく内部選抜のための入試にしたほうが、現在の学力差拡大の課題が一挙に解消するはずなのだけど・・・・。

 

ま、それにしても附中の入試問題ってどうなんだろうと思う。

 

知り合いの塾長、いわずと知れたムメイちゃんが試験が終わった途端に、「今年は総合問題で10年ぶりに歴史がでた」とSNSにアップしていたので思わずFBにコメントしたけど、附属入学の入試問題って我々塾人に言わせると中途半端すぎる。

 

ま、この附属中学入試については全国の中学入試とはかなり難易度がゆるいけど、来年度から学校長も公募するということだから「学校改革」の一貫として入試制度や入試問題を見直してはどうだろうか?

 

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


KECNEWS

小学部・中学部・高校部「冬期講習受講生」募集中!

ホームページにて、中学部・高校部の講習会案内公開してしています。

 

受講案内および申込書ダウンロードもダウンロードできます。

 

お問い合わせは下記に!

 

Free Phone:0120-38-2038(平日16:00〜21:00)

Mobile:090-2038-2058(メッセージにて折り返しコールバックいたします)

Mail:info@kecjuku.com(翌日までに返信いたします)

Fax:076-244-2058(24時間)

Dial:076-244-2058(平日16:00〜21:00)

 

小学部:中学受験講座

日程:全8日間

12月26日(火)27日(水)28日(木)29日(金)

1月4日(木)5日(金)6日(土)7日(日)

時間:全24時間

午後1時〜4時(7日のみ午前9時〜)

対象:

錦丘中学・星稜中学・北陸学院中学受験生

受講費:1回4500円 全36000円

 

中学部:

中3生⇒「高校受験講座」

 

中2・1生⇒「実力テスト対策講座」 

 

高校部:⇒「冬期講習講座ガイド」 

中・高校部冬期講習⇒「申込書」

 

 

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


2017年度石川県総合模試NEWS

第5回総合模試、過去最多の5300名に迫る!

昨日で団体受験の申込も締め切られた第5回の石川県総合模試。

 

前回は英検等の影響で昨年度より少なかったが、今回は前年を大きく上回る5280名ほどの受験申し込みがあったことが模試事務局によりわかった。

 

今年度の中学卒業予定者数は10576人だから、県内中3生のちょうど半数が受験することになり、これは総合模試史上過去最多の受験者数でもある。

 

冬休みの「受験の天王山」はこの模試結果をもとに作戦を立てて挑むことができるね!

 

やってやるぜ、受験生のみんな!!

 

日曜日は約5300人の模試だぞ!!!

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


KECNEWS

冬期講習の案内公開は明日より!

冬期講習のお問い合わせが続いていますが、申し訳ありません!ホームページでのアップロードが遅れております。

 

日程の一部変更上により、改訂版を明日には掲載いたします。

 

冬期講習は、中学部も小学部も12月26日(火)からとなります。

 

なお、受講費については複数の設定がありますので、案内書でお確かめください。

 

塾生および保護者のみなさんへ

中学部塾生の2学期末三者個人面談は、中3生が16日(土)より、中2・1生は12月23日(土)からとなっています。

*附属中3年生は学校の三者面談の前に別途行います。

 

今週中に面談日時を記入した案内を送付しますので、ご確認ください。

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


教育NEWS

大学新テストのプレ結果から見えるモノ?!

新聞各紙で、「大学入試センター」が先月13日から24日まで全国の1889校の高校生17万8129人に実施した「大学入学共通テスト」の試行調査、いわゆる「プレテスト」が公表された。

 

新聞各紙にはそれらの一部が紹介されていたのだけど、報道によると今回のプレテストは高校2年生以上を対象に、国語と数Aで記述式問題が含まれ、数B・地歴公民・物化生地ではマーク式問題により全11科目が実施された。

 

なお、英語は2月に先送りとなったようだ。

 

全科目で知識理解度をはかる問題と、2020年からセンターテストに変わり実施される「新テスト」における学力三大要素である思考力・判断力・表現力が問われたとのこと。

 

「新テスト」で記述式が先行導入される国語と数Aでは、各3問が出題された。

 

国語では第1問が記述式で「青原高校 生徒会活動規約」についての会話文と規約文および 銑の調査資料が提示され、問1が五十字以内、問2が二十五字以内、問3が百二十字以内の記述式となっている。

 

センターとは形式が違うものの出題内容は、資料を根拠に内容把握に関する設問と会話文における空所補充文の設問となっていて、ハイレベル問題というわけではない。。

 

ただし、正答欄をみると正答例とともに採点基準となる「正答の条件」がかなり詳しく書かれているので、採点が難しそうではある。

 

新聞には「自己採点用紙」も掲載されていて、自己採点は各設問に明示されている「正答の条件」に合致しているかどうかを、ア〜カの5段階および「採点不能」「解答不明」でチェックできるようになっている。

 

また注釈として

 

*正答の条件を満たしているかどうか判断できない誤字・脱字があった場合は、条件を満たしていないこととなる

 

とあるように、やはり自己採点は簡単ではなさそう。

 

一方、もう一つの記述である数Aの問題例は、明らかに難易度が高い。

 

新聞に掲載されていた記述式問題は「二次関数」「円と三角比」「情報処理」。

 

「正答の条件」は国語ほどややこしくないものの、小問順に解答していく過程で受験生の学力差が大きく表れるのではないだろうか。

 

なお、マーク式の選択問題でも予想通り従来の単解答から複数解答になり、これは他の理社数Bでも導入されいて当てずっぽうな解答は排除されることになる。

 

それだけでも難易度が上がるわけで、その証拠に今回の平均正答率は、記述式問題が含まれる国語と数Aがそれぞれ39%と34%、マーク式の数Bも42%で他の理社は32%〜53%だった。

 

配点が分からないので平均点が各科目55点前後のセンター試験とは一概には比較できないものの、プレテストの方がハイレベルであることに間違いはないだろう。

 

予備校のコメントは全科目通して難易度はそれほど高くないというものが多いけど、それは学力上位者にとってであって偏差値60以上でないと、かなりきつい出題内容であり難易度だといえる。

 

多分、難関国立大受験生の学力層も意識したものだろうけど、これでは従来のセンター試験のように基礎力でカバーできるものがない?!

 

つまり偏差値50以下の受験生の成績分布は、かなり悩ましいのではないだろうか。

 

しかし今回のプレテストで、文科省の本気度が証明されたことにもなる。

 

よって、20年の実施に向けていよいよ高校や塾のなどの教育現場での指導改革が本格化するってことだ!

 

さて、2月の英語はどうなるか?

 

難化必至というところだろうね。

 

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


教育NEWS

金大附属幼・小・中・高校などに外部園校長公募!

金沢大学の教育学部系の教授が兼務してそれらの長を務める、幼稚園・小学校・中学校・高校・特別支援学校の5つの学校において、来年度から園長・学校長を外部募集するという記事が朝刊にでていた。

 

このブログでも頻繁に紹介している金大附属高校についても、学校長は大谷教授ではあるけれど日常的な指揮系統は山本副校長となっていて、来年度から専任の学校長が公募されるということだ。

 

高校に関しては情報公開も進んでオープンな学校運営が行われているし、SGHプログラムも推進されているので大きな変革は必要なのかもしれないけど、中学や小学校にはまだまだ課題が多いと外野の一人として認識しているので期待したいところではある。

 

ともかく「変革する附属」が来年度からスタートすると思っていた方がよさそうだ。

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


English NEWS

The Japan News by The Yomiuri Shimbun SUNDAY,  December 4th 2017

Govt eyes manned lunar mission

日本、月面の有人探査目指す

なんだかTVでは毎日、気持ちが滅入るニュースばかり。

 

政治にしてもスポーツにしても事件にしても、そこに報道するべきニュースバリュウーがあるかどうかの判断より、勝手に作り出した「注目度」を優先して、繰り返し取り上げている。

 

もちろん、最近ではTVのバラエティーニュースよりも、ネットニュースの方が多岐にわたる情報が得られるので、惑わされることは少なくったものの、うんざりするのは変わらない。

 

そんな中、今回のニュースは月面探査。

 

The government plans to launch a project to send astronauts to the moon's surface on an exploration missino in cooperation  with a similar U.S. sapace project, surces close to the government said.

政府は、月面の有人探査を目指す方針を固めた。

[月面探査などが絡む]類似の計画を進める米国と協力するという。

政府関係者筋が明らかにした。

 

]apan hopes to join the U.S. project to construct a spaceport in lunar orbit in the latter half of the 2020s, in an effort to realize a lunar surface exploration mission by a Japanese astronaut.

米国が2020年代後半に建設を計画している月軌道の宇宙基地に参加し、日本人飛行士の月面探査を実現したい考えだ。

 

The government plans to submit a draft report on the project to a meeting of a governmental panel of spacepolicy experts.

宇宙政策の専門家が集まる会合で近く、こうした方針をまとめた報告書を示す。

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


KECNEWS

冬期講習および入塾相談について

冬期講習会の受付業務は来週の月曜日5日からです。

 

個人面談が必要ですので、以下をご確認ください。

 

1)電話(平日16:00〜21:00)はまたはメールにてご連絡ください

2)面談時には学校の成績(通知表・成績連絡票)を持参願います

3)面談を省いて受講する場合は、指定の申込用紙に成績の記入をお願いします

4)通常授業の無料体験は講習会以前にお願いします

5)講習受講後の入会者は入会金が免除されます

6)進路・教育相談のみでもお受けしますので、お気軽にお問い合わせください

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |