石川県総合模試NEWS

2017年度第1回総合模試データ

「高校別志望者人気ランキング」
附属・泉丘・二水・桜丘で人気増、

小松・明峰は志願者減!
来年度の中学卒業予定者数は、小松・加賀県南地区で約200名人、金沢県央地区で約140人、能登県北地区で約150、全県で500人以上の昨年より減少するのだけど、第1回の模試の受験者数は150人以上昨年より多い。

 

故最多の受験率となったわけだけど、増加した受験者の志望校はどのようになったか、以下のデータで確認できる。

公立高校別志望者

泉丘:260人 (昨年差;+75)
二水:223人 (昨年差;+41)

桜丘:204人 (昨年差;+52)

西:149人 (昨年差;+20)

小松:120人 (昨年差;-17)

錦丘:114人 (昨年差;+4)
石川高専:84人 (昨年差;+4)

明倫:68人 (昨年差;+1)
県工:52人 (昨年差;-1)

金商:51人  (昨年差;±0)

金大附属:50人 (昨年差;+15)

明峰:45人 (昨年差;-5)
伏見:43人 (昨年差;+10)
金沢市立工:36人 (昨年差;-5)

七尾:35人 (昨年差;+5)

羽咋:28人 (昨年差;+2)
小松工:14人 (昨年差;+4)

北陵:13人 (昨年差;+4)

小松市立:11人 (昨年差;-7)
大聖寺:9人 (昨年差;-8)

飯田:9人(昨年差;+5)

小松商:7人 (昨年差;+1)

辰巳:7人 (昨年差;-4)

以上、志望者5人以下は除く

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


石川県総合模試NEWS

2017年度石川県総合第1回データ

錦丘〜伏見でボーダーライン下降!
第1回高校別ボーダーライン一覧

(合格率80%~50%)
泉丘(理):70〜66
金大附属(外部):66〜61

小松(理):65〜61

泉丘(普):65〜59
小松(普):60〜55
二水:60〜55
石川高専:59〜54
桜丘:57〜52
七尾(理・文・普):55〜48
錦丘:53〜49
西:50〜45
小松明峰:51〜46
羽咋:51〜46

大聖寺:50〜45
野々市明倫:47〜42
伏見:45〜40

工業・商業系除く

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


石川県総合模試NEWS

2017年度第1回石川県総合模試データ
平均点・標準偏差値・高校別志望者平均点一挙掲載
難関上位校〜中堅校まで軒並み平均偏差値が下降!

昨日から受験生に配布されている第1回総合模試のデータをチェックしま〜〜す。

 

まずは、高校別志望者平均偏差値について。

 

今年の中3生の学力を図る重要なデータになるのだけど、全受験者の得点分をみると今年は成績上位層が昨年より薄いことがわかる。

 

なので、中堅校から難関校までほとんど昨年より平均偏差値が下降している。

 

以下、平均点と高校別平均偏差値ランキング!

 

第1回総合模試平均点(昨年度差)・標準偏差
英語:平均53.0点 (-5.3) 最高100点 標準偏差22.0
数学:平均50.7点 (+7.0)  最高100点 標準偏差20.0
国語:平均55.5点 (-2.5)   最高93点 標準偏差16.0
理科:平均52.2点 (+6.1)  最高99点 標準偏差18.2
社会:平均49.7点(±0)    最高96点 標準偏差18.7 

合計:平均260.1点 (+4.8) 最高462点 標準偏差83.4


第1回総合模試高校別志望者平均点・ランキング
金大附属:63.9 (昨年差;-0.4) 377点 
泉丘:60.6 (前年差;-0.3) 349点
小松:55.4 (前年差;-0.8) 306点
二水:54.6 (前年差;-0.5) 299点

七尾:54.4 (前年差;-0.6)  298点
石川高専:51.6 (前年差;-1.4) 274点

桜丘:50.5 (前年差;-1.0)  265点
錦丘:48.3 (前年差
;-0.9)  247点

羽咋:45.9 (前年差;-0.6)  227点
小松明峰:44.5 (前年差;-1.5)  215点
西:44.3 (前年差;±0)  214点

大聖寺:43.1 (前年差;-0.6)  203点
飯田:40.8 (前年差;-10.4)  184点

小松市立:43.0 (前年差;+2.4) 202点

野々市明倫:40.5 (前年差;-2.3)  182点

金沢商業:40.3 (前年差;+1.1)  180点
小松工業:40.3 (前年差;+5.1) 180点

県立工業:40.2 (前年差;+0.4) 179点
小松商業:39.2 (前年差;-2.3 ) 170点
北陵:37.7 (前年差;+1.3)  158点

伏見:37.0 (前年差;+0.8)  152点

金市工業:36.2 (前年差;-0.9)146点
松任:33.6 (前年差;+2.9)  124点

辰巳丘:31.3 (前年差;-7.0) 105

赤字は上昇大、青字は下降大

 

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


ACTUSNEWS


月刊北國アクタス8月号「夏休み合格術」

今月の受験特集は塾講師による中3・保護者必読の「夏休み合格術」。

 

その記事の最後に今月2日に協議会が主催した『合格Navi2017』のパブ記事がありま〜〜〜す!

 

夏休みの塾選びの参考にしてくださ〜〜〜い!!

 

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


教育NEWS

金沢学院大学・短期大学2018年度進学説明会

昨年に引き続き学院大学短大の塾向け説明会が開催された。

 

昨年は、県内初となる管理栄養士養成課程をもつ人間健康学部の健康栄養学科の新設に注目が集まったが、入学者も増加した今年度の説明会では、来年度から新設予定されている大学文学部の教育学科と短大の幼児教育学科が目玉といえる。

 

特に教育学科は保育士・幼稚園教諭・小学校教諭・中学英語教諭の資格取得が可能とあって、石川県の教育現場を大きく変える学科穿設といるもの。

 

また、大学の文学部・人間健康学部・経営情報学部・芸術学部の4学部6学科と、短大の幼児教育・現代教養・食物栄養の3学科の説明では、出口である就職支援についてはかなりきめ細かなカリキュラム&プログラムの実践による全学部学科での人材育成が紹介された。

 

ブランド力や専門性が特化した国公立大と違って、近年の私立大学は初年次教育をはじめとした社会人育成が大きな課題であり、それがそのまま「大学力」としての魅力になっている。

 

先月の「北陸大学」にも感じたのだけど、県内の大学地図およびパワーバランスが大きくシフトチェンジしている。

 

2時間足らずの説明会だったけど、かなり内容の濃いプレゼンだった。

 

学食での川村美恵子短大学長・学科長らとの昼食のあと、「食育SATシステム」での評価体験を勧められた。

 

「食育の名人度」はどの塾長も5つ星で☆半分は笑ったけど、そういう自分も☆1つ。(笑)

 

さて注目の「教育学科」ではあるけれど、その設立準備室長の多田孝志博士には今後も教えを乞うことになりそうだ。

 

 

 

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


KECNEWS

2017年度英検二次面接試験結果!

中学部3年&2年、2級・準2級・3級全員合格で〜〜す。

 

夏休みに2年生は準2級・3級、3年生は2級・準2級を!!

 

 

 

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


石川県総合模試NEWS

2017年度第1回総合模試速報!

日曜日の模試ゼミでも説明させていただいた模試速報。

 

詳細は今週木曜日にアップしま〜〜す。

平均点比較 英語 数学 国語 理科 社会 合計
第1回模試 53 51 56 53 50 261
昨年度1回 59 44 58 46 50 255
今年度入試 53 49 57 51 48 257

 

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


教育NEWS

福井県公立高校入試で英検加点に?!

4月に入って20年度の大学入試改革はもとより、小学生英語の本格化や3級以上のライティング導入による4技能「新英検」など、英語に関する教育改革の話題に事欠かないようだけど、その一つに隣県福井の来年の公立高校入試の英語で英検取得級別の学科加点制度があげられる。

 

これは高校入試の英語の点数に、3級で5点、準2級で10点、2級で15点加算されるというもの。

 

つまり、福井県の英語は115点満点の傾斜配点となることが決定していた。

 

ところがこの新制度に、県議会で反対意見が出たというのだ。

 

その反対理由が「英語偏重」や「未履修範囲での加算」、「通塾生の有利性」などらしいけど、なんともはや「悪しき平等性」の表れといわれてもしかたないね。

 

しかもこれが自民党議員からの再考意見書の可決だというのだから・・・。

 

多分、県会議員は福井が全国でも英語先進国であることを知らないではないだろうか。

 

これらは、英語偏重ではなく英語重視とみるできであり、未履修範囲の出題禁則はゆとり教育への揺り戻しだし、塾に行ってる子が有利という理由での反対意見は、入試全般で論議されるべき事案なのではないの?

 

英語教育が進んでいても議員諸氏の教育情報が遅れていることの証左かもね。

 

ちなみに、A・B・Cの3群にわかれて難易度別の3種類の英数国の問題が作成され、教育委員会のホームページには中学で習う英語以外の単語熟語も含めた1500語もリストアップされている大阪府では、英検2級で80%、準1級で100%の配点換算をして英語の学科点数とくらべて高い方を採用している。

 

また、千葉や奈良では一部の高校で英検の取得級別に内申点に加算したり、内申の点数化で重視したりしている。

 

福井県の英検一律加算制度は全国初ではあるけれど、文科省が英語教師に英検準1級などの取得を課していることを想えば、件の県議会の可決は、それこそ再考が必要なのでは?と、塾人は思うのだけど。

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


KECNEWS

夏期講習生募集中!

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


石川県総合模試NEWS

総合模試ゼミ実施!

日時:7月16日(日)

会場:北國新聞会館

5科目受験講座

10:00〜10:10 模試速報 

10:10〜10:40 社会 中島雄一先生

10:45〜11:15 理科 角谷泰之先生

11:20〜11:50 国語 南岳司先生

11:55〜12:25 数学 能瀬一善先生

12:30〜13:00 英語 上原邦弘先生

進行 山八圭介先生

 

11:00〜12:30 保護者入試説明会 藤田

 

 

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |