KECNEWS

中間試験対策ゼミ・振替授業・自習についてのお知らせ!

今週末から各中学では中間テストが始まります。

 

来週試験を迎える中学生は以下の日程で、直前対策ゼミを行います。

 

5月27日(土)9:00〜13:00 中学別中間テスト対策ゼミ

       14:00〜18:00 希望者自習

 

振替授業および自習について

中3生振替授業:水曜・金曜の午後7時30分以降

中3生自習:月〜金の午後5時〜7時30分まで(水・金は午後10時まで)

中1・2年振替授業:火曜・木曜の午後7時30分以降

中1・2年自習:月〜金の午後5時〜7時30分まで(月・火・木は午後10時まで)

 

いずれも、当日あるは当日までに申し出が必要です。

なお、土日の自習についてはご相談ください。

 

 

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


KECNEWS

小学部低学年英語クラス募集!

2020年に小学校の「新学習指導要領」が実施され、各小学校では文科省の「英語教科書」の使用がはじまります。

 

これにより、小学校でも今までと違った本格的な小学英語がスタートするといってよいでしょう。

 

つまり現低学年は小学校の間に「中学英語」をすると思ってください。

 

日本の英語教育にとってはさらに一歩前進と言えますが、現実は今以上に学力差が出てしまうことも予測されます。

 

算数や国語同様、個々人で得手不得手があるように、英語についての理解も早くから個人差が出るということです。

 

そこでKECでは夏に向けて、2020年の教育改革に遅れることなく低学年の英語クラスを募集します。

 

以下の要項に従ってお申し込みください

 

1)KEC小学部案内書を事務所にてお渡しします。(平日午後4時半以降)

2)案内書の「無料体験授業申込書」に必要事項を記入してご提出ください。

3)毎週金曜日17:00〜18:00の時間帯で低学年の初心者体験を実施します。

4)事前に説明などの面談希望があればお申し出ください。

5)体験学習後に入会希望を募ります。

 

以上。

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


KECNEWS

今日は以下の中学対象の定期試験対策ゼミ!

時間 9:00〜13:00

対象 附属・額・野々市・布水など

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


Englsh NEWS

The Japan News by The Yomiuri Shimbun SUNDAY, May. 21st 2017

Possible link to North Koerea emerges after cyber-attack

サイバー攻撃 北朝鮮関与の可能性浮上

どうでもいいけど、昨夜の「WBA」の村田とエンダムのタイトルマッチは、とんでもなく後味の悪いものだった。

 

エンターテイメントと割り切れない感情が残って、気持ち悪かった。

 

今度はスポーツ欄の英字記事でも取り上げてみますか?

 

 

さて今週はまたまた北朝鮮。

 

トピックはサイバー攻撃=cyber-attack。

 

で、最初のパラグラフリーディング。

 

Cybersecurity researchers have found technical evidence they said could link North Korea with the global WannaCry " ransomware " cyber-attack that has infencted more than 300,000 computers in 150 countries since May 12.

 

ワナクライと呼ばれる「ランサムウェア」による世界的なサイバー攻撃に北朝鮮が関与したことをにおわせる技術的根拠を、サイバー防衛の研究者らが発見した。

この攻撃で12日以降、150か国で30万台を超えるコンピューターが感染した。

 

なんだか、難しい単語があるけど、解説にあるように「ランサムウエア=ransomware」はコンピューターウイルス=compuet virus の一種で ransom(身代金)とmalware(マルウェア)=malicius software(悪意のあるソフトウェア)が語源みたい。

 

WannaCry はそのランサムウェアの一種。

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


ACTUS NEWS

月刊北國アクタス6月号受験特集

『全国主要100大学高校別合格者数一覧』

昨日はアクタス編集部と7月号の企画打ち合わせ。

 

6月20日発売の7月号は「今年度高校別合格ライン」だけど、今日発売の6月号は先月に続き大学入試総括として、石川・富山の全高校別、全国主要100大学の合格者数を一挙掲載している。

 

ま、3号続いた大学入試特集のなので本文記事は少なめだけど、ネタが切れたかと思いきや豊富な取材は相変わらず。

 

ともかく、受験生やその保護者の方々は必読ですから、買ってください。

 

塾人や教育関係者はこれを持っていないと、大学入試を分析できませんよね!

 

ということで、宣伝いっぱいの記事でした。(笑)

 

詳細については、明日アップ予定ですよん。

 

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


リビングかなざわ

リビングかなざわ5月20日号「教育コラム」!

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


教育NEWS

『大学入学共通テスト』!

昨日の朝刊各紙の教育欄は、2020年から現行のセンター試験に代わって実施される「大学入学希望者評価テスト(仮称)」について、文科省が実施方法案を公表したという記事でいっぱい。

 

それらの記事によると、その新テストが「大学入学共通テスト」と仮称には変わりないようだけど名前が変わったことか分かった。

 

え〜〜〜、「共通一次テスト」じゃん!っていうのは、今の40代後半世代。

 

1990年センター試験が始まるまでの11年間はその原型ともいえる「共通一次試験」があり、それ以降国公立の大学入試に一次と二次の試験が課せられた歴史がある。

 

つまり2020年には昔の「共通一次試験」実施から40年たってまた同じような名称復活ということになる。

 

ま、簡単でいいかもねとは思うけど、もちょっとかっこいい名前ないのかね?

 

名前はともかくその共通テストにつて、以下が主なトピックスとなってた。

 

1)国語・数学でマークテスト以外に記述式問題を採用し、民間で採点

2)英語は4領域の学力検査を図るため、民間の検定・資格試験である英検などの外部試験を利用する

3)今年度は5万人、来年度は10万人規模のプレテストを実施する。

4)20年からは高3生が4月〜12月の間に2回まで英語の民間試験を受けることができ、1月中旬に共通テスト実施する。

 

というわけで、文科省のホームページや新聞にも「共通テスト」の国数の記述問題例が掲載されているのだけど、これ、アクティブラニングの素材でもあるね。

 

もっともそれらの記述問題より、直近の課題は言うまでもなく「英語4領域の育成」であることは間違いない。

 

共通テストでは英語は外部試験になるので、それに対応するべくすでに中高一貫校や学習塾では英文添削講座やタブレットを使ったリスニングやスピーキングプログラムも導入しているという。

 

ま、拙塾もそうだけど・・・。

 

さて、今日は中3生の英語クラスで2級・準2級・3級のライティング添削しま〜〜す。

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


WARNING!

熊に続きイノシシ出現!

昨日は金沢市で熊が!

 

今日はなんと塾の周辺の泉野と西金沢でイノシシ出たみたい。


子供一人での外出禁止で〜〜す。


塾に来るときは細心の注意を払ってくださいね!


という、塾生情報でした。(アリア&ヒナタ)

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


教育NEWS

『忘却曲線』で1000語覚えるには何日(何回)かかる?

塾長座談会にも参加している10年来の付き合いをしている「ムメイ」ちゃんのブログに、「エビングハウスの忘却曲線」について書かれていた。

 

塾人ならずともクイズ番組でもよく出てくる「覚えたものの75%は1日で忘れる」というやつだ。

 

だから繰り返しの暗記が必要だということなんだけど、数値の差異はあるもののこのエビングハウスの実証例によれば、覚えたものの7割以上は1日たてば忘れるけど、逆に覚えたものの2割以上は1日たっても1週間たっても忘れないってことは、ことはあまり取り上げられない。

 

つまり、1日で忘れるから毎日覚えなければならないということではないのだ。

 

2日に1回でも4日に1回でも7日で1回でも「忘却曲線」上では、ほとんど忘れたものと定着したものの割合に変化がない。

 

よって、何日で全部覚えられるかってことだ。

 

で、ちょっと計算してみた。

 

例えば1日(1回)100語のあたらしい単語を覚えていくとする。

 

2日で200語、3日で300語と新しい単語だけ100語追加して全部覚えていくのだけど、そうすると以下の表のようになる。

 

日数 累積数 対象数 定着数 増加数
1 100 100 25 25
2 200 175 69 44
3 300 231 127 58
4 400 273 195 68
5 500 305 271 76
6 600 329 353 82
7 700 347 440 87
8 800 360 530 90
9 900 370 623 92
10 1000 377 717 94
11 1100 383 813 96
12 1200 387 910 97
13 1300 390 1007 98

 

上の表は、一応、1日で覚えたもの=対象数のうち、25%が定着するとした「忘却曲線」を基にしてみた。

 

これによると、毎日100語ずつのあたらしい単語を追加していけば、13日までの累積単語1300語のうち1007語を定着させる、つまり覚えることができることになる。

 

「忘却曲線」は1日後でも7日後でもほとんどかわらないことを考えれば、1000語マスターするには2日毎で25日、3日毎では37日、1週間毎では84日の12週間かかることがわかる。

 

2020年からは小学英語が750語、中学英語が1500語、高校英語が3000語といわれているのだけど、例えば現在金沢大学レベルの大学入試のスタンダート英語は4500語。

 

4500語であれば毎日100語づつ追加すれば48日で覚えられることになる。

 

仮に2日に1回でも、3か月でマスターできることになる。

 

実際にはもっと早く覚えることができるのだけど、1週間に1回100語づつ暗記しても3か月以内で1000語はマスターできることになるから、全然いけるんじゃない?

 

要は「継続は力なり」ってことだね!

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |


教育NEWS

2020年の小中高大の同時教育改革!

7月号の「CLUBISM」で、数年ぶりに協議会の有志で「塾長座談会」をすることになった。

 

で、その座談会を金沢倶楽部の会議室で・・・。

 

ま、塾のすぐ近くなので歩いて行こうと思ったけど、資料を用意していたら時間切れになったので倶楽部の駐車場に止めちゃいました。

 

座談会の内容は、もうすぐそこまで来ている「2020年」の大学入試改革と小学校の新新指導要領実施と同時に行われる中学校と高校の英語指導の改革について。

 

つまり、今年の中3生が初年度実施となる新大学入試テストと、算国と同じように文科省の英語教科書にもとづいて始まる本格的小学校英語、そして英語だけ前倒しされる中学と高校の英語学習指導要領の実施。

 

大学入試改革のもっとも大きな変更点のひとつは英検やベネッセのGTECCBT留学および帰国子女用のTOEFL(TOEICは現実的ではない)などの外部試験活用だし、小中高の英語も同時に代わるので、2020年の教育改革は「英語教育」が」キーワードになる。

 

まさに、東京オリンピックの年から日本の英語教育が変わるといっても過言ではない。

 

とまぁそんな話題をふったのだけど、塾人である我々のそんな教育ニュースも一般の人たちにはややこしくてわかりずらいだろうと、改めて思った次第。

 

どんなんになるかね?

 

ちなみに、毎年恒例の7月リビングの座談会テーマは決まった。

 

こちらは、結構リアルでおもしろいかもね!

 

というわけで倶楽部さん、いい感じの特集お願いしま〜〜す。

 

 

 

 

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |