←prev entry Top next entry→
みかみ’s チルドレン
昨日は「みかみ塾」の公開授業があった。

みかみ先生の授業は昨日もハイテンションで、2時間休み無く受験生をぐいぐい引っ張っていった。

授業後僕に「よかった〜!」って、目を輝かしてくれた生徒もいた。

参加してくれた受験生は全員、昨日から受験モードがスイッチ・オンしたことだろう。

いつもながらではあるけれど、『みかみ一桜』はほんとに凄いと思った。

遠い山口から毎月来て、金沢の受験生のモチベーション・アップをしてくれる彼には、言葉に表せない感謝をしている。

ありがとうございました。



昨日は何人かの嬉しい来客もあった。

それは、1年前の雪辱をみごと晴らして富大医学部に合格した「ぴのちゃん」と受験生ブログ」で有名な山口の「まんまるミルクちゃん」だ。

昨夜の「炎会議」には彼女達と金沢炎集団の同級生でもある「みっやし」も加わり、いつもになく盛り上がった。

そして受験を終えた子ども達たちと、彼らを応援していたみかみ先生をはじめ僕達塾人の「絆」のようなものを感じることが出来た。

「ぴのこ」がポツリといった。

「この1年は夏までが一番辛かった。」

それとまったく同じ言葉をKEC医学部スタッフの「たぐっち」もいっていた。

受験が終わった子ども達のそんな実感を、まだ合格が決まっていない再チャレンジ組みの子ども達のことをついつい思い浮かべながら聞いていた。

がんばってほしい。

今はただただそれだけ。

それにしても、ぴのちゃんはこの1年で大きく成長した。

彼女自身もいってたけど、我慢強くなったようだ。

相変わらず、笑い出したら止まらなかったけどね!
| SHIGEHARU FUJITA | | comments(0) | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: