←prev entry Top next entry→


SPORTS

悔しくて、悲しくて、、、それでも前に
真央ちゃん。

11時からずっとウトウトしながらもTVに見入っていた。

気がついたら5時間以上も経っていて、涙が溢れていた。

彼女の演技が終わって、本人の一億分の一の茫然自失からようやく目覚めたのは終い今しがた。

数多いるファンの一人に過ぎないのだろうけど、今まで何度、やるせない気持ちになっただろうか。

それでもずっとファンだったし、これからもそれは変わらない。

だって、スポーツを見てこんな気持ちになるのは彼女以外いないから。

彼女が僕たちに伝えてくれたことの意味は大きい。

失敗したら心が折れるけど、それでも前に進んでいかなきゃらないってこと。

他人の勝利に感動して、嬉しくて貰い泣きすることは多々あるけれど、こんなに悲しくなる気持ちもある意味そんな喜びと同じ、いや、それ以上の感情なのかもしれないと思う。

だから、変なこと言うかもしれないけど、引退してもずっとファンであり続けるだろう。

そして次はフリーを、文字通り自由に滑る彼女が見たいと思っている。

きっと今度はどんな演技だろうが、ハラハラせずに観る事ができるような気がする。

浅田真央はいるだけで浅田真央なんだから。

ありがとう、真央ちゃん。
| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://kecjuku.jugem.jp/trackback/4685