←prev entry Top next entry→


2017年度石川県総合模試NEWS

総合模試ゼミ最終回終了!

第7回平均点は275点‼

昨日、100家族ほどの申し込みがあった第7回の模試ゼミが終了した。

 

毎回、学習塾協議会いしかわの会員有志が、総合模試ゼミのプレゼンターとしていろいろな科目を担当している。

 

今年度は16名のプレゼンターが担当した。

 

1科目30分の講義だけど、全てパワポなどを使って回毎にポイントを絞った授業をしている。

 

ほとんどの会員塾では普段は個別指導をしているけど、模試ゼミでは一斉授業。

 

しかし、どの授業を見ても「上手い」!

 

そりゃそうだろう、いろんな塾の代表者あるいは看板講師が授業をやるのだから!

 

というわけで、拙塾も含めてどの塾の授業よりもいいに決まってるってこと。

 

そんな授業も今年度最後となった。

 

しかし、新年度もまた新たな切り口で模試ゼミを継続していくことなる。

 

我々にとっては受験に終わりはない。

 

一方保護者会の方はといえば、毎回のリピーターは半数ぐらいだから、1回〜7回まで延べ数百人の方々にお越しいただいたことになる。

 

中には全て参加された方もいるし、保護者のみの参加も少なくはない。

 

「入試説明会」とはいえ、その時期ごとにトピックスが違うのでプレゼンする方はいつも同じネタとはいかない。

 

で、最終回の今回はいうまでもなく、私立入試後の公立併願受験校選択について。

 

中学校ではすでに週末の面談時に公立併願校を決定している受験生がほとんどだけど、連休明けの明日まで迷っている受験生もいる。

 

そんな受験生の保護者にアドバイスするのは、かなりリスクがあることも確か。

 

私立高校の入試結果の詳細については、来年度の塾向け説明会まで公開されない。

 

理由は押して知るべしであるが、いい加減な塾人の中にはあいまな情報と共にSNSでアップしたりする輩もいるようで、なんともはや!ではある。

 

ま、そんなものはスルーして入試までの1日1日を充実するべき。

 

今回の模試の個人成績表は公立願書提出後の配布となるけれど、保護者説明会の模試速報でも報告させていただいたように、平均点が275点で5科目全て正規分布になっている。

 

つまり公立入試レベルでの学力判定にもっとも近いものとなった。

 

いうまでもなく、今回の高校別志望者は実際の入試とほぼ変わらないので、特に偏差値50以上の上位校の合格基準偏差値は実像に合わせ前回や前々回より下げてある。

 

よって、木曜日以降に返却される個人成績表が実際の入試に最も近いシミュレーションとなる。

 

詳細は木曜日以降に掲載する予定。

 

以下、第7回模試速報&模試ゼミプレゼンターと掲載記事!

 

第7回5科目入試対策ゼミ(担当者敬称略)

司会進行:中島塾 中島雄一

0限 速報:学習塾協議会いしかわ事務局 藤田繁治
1限 数学:エキゼミ 横地武
2限 国語:MiB個別学習 南岳司
3限 理科:アクティブ 近藤源太
4限 社会:中島塾 中島雄一
5限 英語:WAKE!進学教室 上原邦弘

 

保護者説明会

第7回模試平均点&標準偏&最高点

英語:55.7点(前回差+7.1) 標準偏差18.3 最高点100点

数学:51.3点(前回差+0.9) 標準偏差18.1最高点100点

国語:56.0点(前回差-0.6) 標準偏差12:5 最高点92点

理科:59.0点(前回差+11.2) 標準偏差17.5 最高点99点

社会:53.5点(前回差+2.8) 標準偏差18.0 最高点96点

合計:275.1点(前回差+21.0) 標準偏差74.0 最高点457点

 

 

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://kecjuku.jugem.jp/trackback/6403