←prev entry Top next entry→


教育NEWS

ISC留学net『留学は塾に聞こう!』

豊富な留学先から失敗しない選択を! 

最近の留学事情はどんどん変化している。

 

今月から始まった塾対象の高校説明会でも、どの高校も「国際交流」の名のもとに留学シフトを強めている。

 

つい先日も高校1年生の元塾生がイギリス留学することになり、高校生活すべてを英国で過ごすというので相談にこられたばかり。

 

塾生の短期個人留学は珍しくないのだけど、昨今の教育事情の変化により長期留学も例外ではなくなっている。

 

以前は「外国に出たがらない日本の学生」ということで、海外留学に行く学生数が落ち込んでいたのだけど、最近は増加傾向にあるようだ。

 

文科省の統計によると2016年の日本人留学者数が9.7万人となっていて、これは2009年の2倍らしい。

 

また、コスパが抜群のフィリピンへの留学者数は2009年はたったの300人だったのが、2016年には10倍の3000人にもなっている。

 

もっとも、2016年の日本人留学生はその60%が1か月未満というのだから、ま、物見雄山的なものが多いのだけど。

 

それでも、それをきっかけにして海外にリンケージする学生も多い。

 

このブログに何回が登場してもらったKECの元塾生は、上智大学入学後にアフリカに行ってボラティア活動をして、先月はクラウドファンディングを立ち上げてアフリカのファッションショーに参画してる。

 

そして、今月はアジア・アフリカを回っている予定。

 

彼女も高校1年の春休みを利用して、ISCでカリフォルニアに短期留学している。

 

いうまでもなく、その経験が今につながっていることは間違いなだろう。

 

 

ま、日本の留学事情もこれからだろう。

 

 

例の「e-ポートフォリオ」にも関係しているけど、海外経験はキーワードになるだろ。

 

 

そんなか、KECが留学相談窓口になっている【ISC金沢=ISC留学net】が、増加する短期・長期の語学・文化研修のための留学を推進している。

 

ISCが提携している留学先は、アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリス・フィリピン・マルタ・マレーシア・アイルランドと豊富にある。

 

いうまでもなく留学先にどの国を選ぶかは、短期であっても最も重要。

 

よく知らずに行った先で後悔するのは、絶対避けたいもの。

 

1)自分が何のために異文化体験をするのか?

2)それにはどのくらいの期間が必要で、いつ行けばいいか?
3)留学までに身に付けておきたい語学力は?
4)留学後、あるいは帰国してその経験をどのように生かすか?
5)将来再度海外に行くにあたっての準備が必要かどうか?
ISCでは北米・英国・オセアニア・アジアのどこに行けばいいか、
的確なアドバイスをさせていただきます。
いうまでもなく、費用についても相談いたします。
まずは「留学者を送り出している塾に聞け!」ですね。
以下の手順でご相談いたします。
1)ISC金沢にメールあるいは電話で連絡してください。
  (塾長をご指名ください)
  KEC連絡先:0120382058(平日16:00〜20:00)
  KECメール:info@kecjuku.com
      KECホームページの「お問合せフォーム」からでもO.K.です
2)ISC留学net本部に概要を伝え連絡をお待ちください
 
 
3)本部責任者と電話・メール・スカイプなどで相談してください
  直接、本部にお問合せいただいてもよろしいです。
  ISC留学netのホームページで連絡先をご確認ください。
  ISC金沢より挨拶        ISC留学netのサイト
IMG_9679.jpgIMG_9680.jpg
| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://kecjuku.jugem.jp/trackback/6682