←prev entry Top next entry→


大学入試情報2019

2019年国公立大学入試出願状況

東大は文軌奮亜京大も文・教・理以外で倍率減!

県内国公立大も理系を中心に昨年より倍率減!!

文科省は昨日の最終締め切りの午前10時の時点での国公立大の倍率を公表した。

 

それによると今年は東大も京大も昨年より各学部で若干の倍率減が見受けられた。

 

また地元でも、金大が法・経など文系学部の倍率は上昇したが、医学部をはじめとする理系学部はほぼ倍率減となった。

 

同じく理系の県立大や県立看護も昨年より倍率が減少し、県大は3.9倍から2.5倍になり県看も3.5倍から1.8倍と激減した。

 

なお、昨年超高倍率の初年度入試となった小松公立大は7.4倍から3.8倍に減り、2年目で落ち着いたとはいえ変わらず高い人気となった。

 

以下、京大・東大の倍率。

大学 学部 定員 志願 倍率 昨年
東大 401 1393 3.5 3.3
353 1180 3.3 3.4
469 1488 3.2 3.4
1108 2902 2.6 2.7
532 2068 3.9 4.1
97 387 4.0 4.6
京大 総合人間 115 415 3.6 4.0
210 723 3.4 3.3
教育 54 203 3.8 3.7
300 772 2.6 2.7
経済 205 658 3.2 3.3
306 815 2.7 2.5
172 522 3.0 3.3

74 182 2.5 3.0
698 2421 2.7 2.9
282 758 2.7 2.7

 

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://kecjuku.jugem.jp/trackback/6860