←prev entry Top next entry→


高校入試情報2019

『インフル追試』石川県でも今年から導入決定!

過去最高の感染者数を出している今年のインフルエンザに対して、県教委はインフルエンザや他の感染症などで入試を受けることができなかった受験生を対象に、本入試日6日後の3月12日(火)に「追試」を実施すことを決めたようだ。

 

新聞によると、県教委では今までインフルエンザで欠席した受験生はおらず、風邪などで体調不良の場合は「別室受験」で対応してきたが、今年の感染者拡大を受けて、他の都道府県同様に「インフル追試」に関する詳細を決定したという。

 

北陸3県の公立高校の追試については福井県が昨年から実施していて、今春からは石川と富山が加わり全国26都府県で導入とのこと。

 

しかしその追試の内容は都道府県によって違っているので、以下に石川県の「追試」のポイントを!

 

1)追試実施日は3月12日(火)で1日で5科目受験

2)1科目20分で国語と英語をまとめた「検査機廚40分で

  数学・理科・社会をまとめた「検査供廚60分で合計100分

3)配点は各科目40点の5科目合計200点満点

4)入試問題とは問題数や難易度も違うため本試験受験者とは別途の合否判定を行う

5)追試による合否判定は調査書などより「本試験を受けていたなら、

  明らかに合格できた力があると判断される」ことが、合否基準となる

6)学校指導課では「追試はあくまでも救済措置であり、受験で有利に働くことはないので、

  できる限り別室受験が望ましい」としている

7)追試の合格発表は3月14日(木)の合格発表の後の15日(金)に各高校に通達し、

  追加合格者の扱いとなる

 

ま、今年のインフルエンザはあまり高熱が出ないようだから、体調不良の場合はやっぱり「別室受験」だね!

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://kecjuku.jugem.jp/trackback/6862