←prev entry Top next entry→


教育NEWS

大学入試プレテスト!

国語正答率上昇するも数学記述低迷

さてさて悩ましい「大学共通テスト」の試行だけど、昨年11月に実施したプレテストでは、数学Aの平均正答率は3.4%〜10.9という難しさだったことが公表された。

 

そして12月実施のマークシート式と合わせても、平均点は目標の5割程度とかけ離た26.61点だったとのこと。

 

これじゃ、たまらんね!

 

一方、前回より正答率が上がった国語は、記述の自己採点が大きな課題となっている。

 

つまり自己採点が甘いということで、こちらもなんだかな?ではある。

 

どうなる、記述問題!

 

てか、数学や国語の記述よりも英語が気になるんですが!!

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://kecjuku.jugem.jp/trackback/6933