←prev entry Top next entry→


KECNEWS

共通テストはリスニングとリーディングで200点満点に!

今週は2021年1月16日(たぶん英語は1日目!)に行われだろう「大学入学共通テスト」についてのトピックスが多いW!

 

さきほども「私塾界」の山田さんのFBにシェアされたYahooニュースで、「大学入学共通テスト」について今日公表された情報があった。

 

それによると英語はリスニングの配点が50点から100点になり、リーデイングが200点から100点満点になる。

 

つまりリスニングのウエィトが高くなるってことだけど、リーディングの読解問題から「発音」や「アクセント」がなくなりその上「語順整序」まで姿を消し「読解」に重点がおかれた出題傾向になるという。

 

「語順整序」は英検からもなくなりつつある出題形式。

 

高校入試でも見かけなくなった。

 

民間試験活用にしろしないにしろ、ともかく英語は変わっていくと思わなければならい科目の最右翼。

 

なお、ニュースでは記述式問題は現国と数Aで各3問と明記されている。

 

英語以外は大きな変化があるとは言いにくいけど、ともかく「センター試験」の後継試験は要注意ってことだろうね!

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://kecjuku.jugem.jp/trackback/7006