←prev entry Top next entry→


教育NEWS

22年度から小5〜中3全員にPC1台提供

早っ!本当だったこの話!!

昨日のブログ記事で触れた「ICTセミナー」の登壇者の一人だった経産省の教育産業室長が、話の中で「国の予算として早急に小中学校に一人一台のPC端末を提供しなければならない」といっていた。

 

文科省ではなく経産省からの発信だったのでかなりリアティーがあったのだけど、なんと今日朝刊やTVでそのことについて発信されていた。

 

その内容は、まず2022年度までに小学5・6年生と中学生全員にパソコンかタブレット端末を無償提供し、2024年までに小1から小4までに配布完了する予定とのこと。

 

記事によると、現在小中生への学習用パソコンの普及率は5.4人に1台らしい。

 

ま、1台の端末を複数で使用すること自体がおかしいと思うけど、ちなみになにかと話題の中国では教育のICT関連予算だけで4兆円ということだから、日本政府の今回の総予算が5000億円ということで、人口割合的にはようやく中国と並んだことになる。

 

既に全中学塾生にタブレット配布している塾としては、なんともありがたいことでもある。

 

ってことは、2022年に向けて塾の学習教材もすっかり変わるということだろうね!

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://kecjuku.jugem.jp/trackback/7218