←prev entry Top next entry→


教育NEWS

文科大臣からの発信と「学術会議」の提言!

荻生田文科大臣が新しく任命された河野規制改革担当大臣や平井デジタル改革担当大臣との協議の中、様々な発信をしている。

 

スピードを持った改革のもと、どのように変化していくのかしっかり見ていきたいと思う。

 

また、例の「日本学術会議」からの提言も急遽?あったりして、「学習支援システムを提供する企業がデータを囲い込むようなことがないようにすること」といった、教育上の個人情報の取り扱いについても言及している。

 

「オンライン授業は教員同席が必要」

オンライン授業の在り方について、萩生田文部科学大臣は、閣議のあとの記者会見で、原則として児童や生徒のそばに教員が同席することが必要だという考えを改めて強調しました。

(中略)
一方、萩生田大臣は「全国一斉に同じテーマをオンラインで学べるようになれば、必ずしも先生がいなくても、いい授業ができるかもしれない。

(後略)

 

高校の1人1台端末「整備する意志は明確」

GIGAスクール構想で対象となっていない高校の1人1台端末の整備について、萩生田光一文科相は10月9日の閣議後会見で、「高校の授業でも1人1台端末の環境を整えていくべきだ。

(中略)

「高校の場合、普通科と職業科では、扱うパソコンのスペックがものすごく違う。そうした実態が明らかになったので、来年度に整理したい」と説明。来年度予算概算要求の項目から見送ったことに理解を求めた。

(後略)

 

学習履歴の利活用に向けた制度設計 日本学術会議が提言

GIGAスクール構想が実現した先にある学習履歴(スタディ・ログ)の利活用に向けて、日本学術会議はこのほど、具体的な制度設計の在り方などをまとめた提言を公表した。

(中略)

 

表:学習データの分類(※は匿名化が求められる情報)

提言では、1人1台の情報端末から学習支援システムなどを用いて蓄積される学習データについて、校務系データと授業・学習系データに分類(表参照)。

(後略)

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: