←prev entry Top next entry→


大学入試情報

共通テストは第1日程でほとんどが受験、

無症状濃厚接触者の受験は4条件クリア!

昨日の大学入試センターの発表によると、来年の「共通テスト」受験者は約53万人で、そのうち1月16日・17日の従来どおりの過密する第1日程を避けて、30日・31日の第2日程を選択しているのは800人もいないことが判明した。

 

ま、国公立の二次試験準備までの期間が短すぎるということは当初からわかっていたことで、第2日程は私立専願のセンター=共通テスト利用者ということだろう。

 

また、コロナ感染者の濃厚接触者であっても以下の4条件をクリアしていれば受験可能とした。

以下の要件をクリアしていれば受験を認める
    • PCRなどの検査の結果が陰性であること
    • 受験当日も無症状であること
    • 公共の交通機関を利用せず、人が密集する場所を避けて試験場に行くこと
    • 終日、別室で受験すること
試験場においては以下の感染対策を講じる
    • 別室まで他の受験者と接触しない導線が確保されていること
    • 別室では受験者の座席間隔が2メートル以上空いていること
    • 監督中は受験者との距離を2メートル以上確保すること
    • 監督者の感染対策が講じられていること
| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: