←prev entry Top next entry→


教育NEWS

「共通テスト」でのスピーキングやライティングは必要なし?!

「教育新聞」ニュースサイトより引用

文科省の「大学入試のあり方に関する検討会議」は10月27日、第16回会合をオンラインで開催し、全国699大学(2222学部、4万6007選抜区分)から回答を得た、英語4技能評価や記述式問題についての実態調査結果を公表した。

 

英語4技能や思考力・判断力・表現力について、多くの大学が入試で評価するよりも、入学後、大学独自に評価するのが好ましいと考えていることが分かった。

 

記述式問題については、大学入学共通テストよりも、一般選抜入試で充実させるべきといった意見が過半数を占めた。

 

というわけで、つまり入試選抜する大学側は、英語の「ライティング」については従来通り「共通テスト(旧センター試験)」での導入より大学別の一般入試で、「スピーキング」に関しても大学入学後でいいという見解が多くあるという事。

 

「英語4技能」や「5技能」については、確かにその習得は重要ではあるけど入試選抜の課題にするにはまだまだ!という現場の声なのだろう。

 

教育改革は小中学校からではなく最終課程である大学入試改革から!というのが昨今の戦略?だけど、「英語教育」は別枠なのかもね。

 

英語4技能の評価 「入試より入学後に大学独自」が多数

| SHIGEHARU FUJITA | - | comments(0) | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: